ノミ・ダニ予防

わんこのノミ・ダニの予防

施設写真

わんこのノミとダニの予防薬は、いろいろな種類が出ています。

気を付けて頂きたいのは、ホームセンターなどで販売しているものと、病院で処方するものとは、全く効果が違うということです。

たまに、「スポット(首に垂らす」は効かなくて…」とおっしゃる方がおられますが、よく話を聞いてみると、ホームセンターで同じ形のものを購入されて使っておられたりします。注意が必要です。

病院では、スポットタイプ(液体を首に垂らすもの)、錠剤、チュアブルタイプ(大豆が主原料で、お肉の匂いがする)の3種類を揃えています。

それぞれ、ノミだけに効いたり、ノミダニ両方に効いたり、フィラリア予防も同時に出来るものもありますので、その子にあったものを、相談しながら選んでいただくようにしています。

ダニから人への感染症により死亡例がでました。

  • 2013年の静岡新聞には、ダニから人へSFTS(重症熱性血小板減少症症候群)が感染し、4人の方が亡くなっています。
  • ペットのダニを予防することによって、感染の機会を減少することが出来ます。
  • ダニは、わんこにもにゃんこにも付着します。

にゃんこのフィラリア予防

機器写真

にゃんこのノミ・ダニの予防薬は、いろいろな種類が出ています。

1.ノミだけを予防するもの
2.ノミ・ダニを予防するもの
3.ノミ・ダニと虫下し(回虫と鉤虫)とフィラリアと耳ダニまで予防するもの
4.また、最近は、ノミ・ダニと瓜実条虫と回虫と鉤虫の駆虫とフィラリアの予防まで出来るタイプも発売されました。

形状は、すべてスポット(液体を首に垂らす)タイプです。

どの予防薬がいいか、外猫ちゃんなのか、家の中のにゃんこちゃんなのかなど、飼い主さまとご相談しながら選んでいただいています。

川尻どうぶつ病院 ☎029442-1640